不確定特異点

広く深く、ところどころ超深く

誤差逆伝播法を計算中(続き)

やっと \deltaの計算ができた!何でこんなに苦戦してるんだろう。たった 40 行のルーチンの実装に 2 日かかっている、というか、ほとんどの時間、式をこねくり回してました。今なら誤差逆伝播の導出がスラスラできる気がする。

あとは勾配法で重みを更新すれば学習してくれるはず!

本によっては対象としている問題が異なるせいか、NN の出力関数が恒等写像だったりシグモイド関数だったり、z という記号を順伝播における各段の出力の意味だったり、逆伝播における  \delta の意味だったりして、やたら混乱してきます。