不確定特異点

広く深く、ところどころ超深く

mrubyをCortex-Mコア基板で動かしたい

職場の先輩が mruby の存在を教えてくれたのでちょっと調べてみることにしました。mruby は組み込み用途を意識してスクラッチから再実装した Ruby 処理系とのことです。

github.com

使い方はいたって簡単で、GitHub から clone して make するだけ。(make の過程で足りなかった Ruby と bison を追加でインストールしました。)

$ git clone https://github.com/mruby/mruby
$ cd mruby
$ make

ビルドすると bin ディレクトリに実行バイナリが出力されます。

$ ls -l bin
total 7792
-rwxr-xr-x  1 tanaka  staff  876316 Jul 28 01:14 mirb*
-rwxr-xr-x  1 tanaka  staff  651760 Jul 28 01:14 mrbc*
-rwxr-xr-x  1 tanaka  staff  915568 Jul 28 01:14 mrdb*
-rwxr-xr-x  1 tanaka  staff  871024 Jul 28 01:14 mruby*
-rwxr-xr-x  1 tanaka  staff  666052 Jul 28 01:14 mruby-strip

strip 後で 666 KBか・・・。これを動かせそうなCortex-Mコア搭載の小型マイコン基板はないかと調べて見つかったのがこれ。

秋月で買える STM32 基板の中でも RAM サイズが大きいモデル。それでも RAM サイズは 192 KB。厳しいなぁ。mruby のシュリンクを検討してみようかな。