読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不確定特異点

広く深く、ところどころ超深く

STM32F7 Discovery の開発環境 (2)

LED チカチカプログラム まずは、お決まりの LED を点滅させるプログラムを作ります。回路図を見ると、STM32F456 の PI1 端子は LD1 という緑色の LED に接続されてます。PI1 は GPIOI で制御可能なので、GPIOI を 0/1 制御することで LED を点滅させてみま…

STM32F7 Discovery の開発環境 (1)

STM32F7 Discovery という Cortex-M7 コア搭載の基板を入手したので、早速使ってみました。SRAM 320KB, SDRAM 16MB, 静電容量式タッチパネル付き TFT 液晶, USB, Ethernet, Micro SD, Audio 果ては カメラ I/F まで搭載し、Arduino も被せられるようになって…

STM32F4 Discovery の開発環境 (5)

OpenOCD を使った Flash 書き込み 前回、stlink というソフトで Flash 書き込みをしましたが、別のオープンソースの Flash ライタとして、OpenOCD を試してみました。stlink が不安定な場合はこちらを試した方がいいかも。 公式からリリース版も入手可能です…

STM32F4 Discovery の開発環境 (4)

前回で一通りの開発環境は整いましたが、さらに一歩進んで UART を動かしたいと思います。UART があれば printf デバッグができるようになるので、観測性が一段と向上します。 UART でエコーバック UART の通信設定は次のようにしました。 ボーレート: 11520…

STM32F4 Discovery の開発環境 (3)

SystemInit 前回端折った SystemInit は system_stm32f4xx.c で定義されている関数です。これはクロックソースを HSI という内部発振子に設定して、割り込み禁止、例外ベクタハンドラのアドレス設定(VTOR) をしてます。リセット後に初期状態に戻すために使う…

STM32F4 Discovery の開発環境 (2)

まず始めに ARM 用の GCC ツールチェーンをインストールします。apt-get で一発です。 $ sudo apt-get install gcc-arm-linux-gnueabi $ arm-linux-gnueabi-gcc --version arm-linux-gnueabi-gcc (Ubuntu/Linaro 4.6.3-1ubuntu5) 4.6.3 Copyright (C) 2011 F…

STM32F4 Discovery の開発環境 (1)

Cortex-M4 コアが載っているマイコン基板 STM32F4 Discovery をゲットしました。(なぜか画像が横向き…) コアクロックは Max 168MHz まで回せ、1M Flash + 192 KB SRAM のメモリ付き、というマイコンにしてはリッチなスペックにも関わらず価格は 2000 円と…